入園グッズができるまで

生地選び

生地選びにはすごく時間をかけています。

可愛い生地が見つかると・・・すごくうれしいんです♡

実店舗へも足を運びますし、もちろんネットでも探します。

今年は輸入生地や北欧風の生地が多いです。

 

お客様からも、「生地がおしゃれ」「子供に親目線のフィルターをかけることなくここから好きなの選んでいいよと言えたのでストレスにならなかった」などのうれしい感想をいただいています。

 

お子様と楽しみながら生地を選んでくださいね。 


水通し

購入した生地はすべて、水通しと言って一旦水につけて生地の歪みをとります。

りんごの木では生地が入荷するとこんな手順で水通しをします。

  1. 桶に水を張り生地を30分ほど浸します。
  2. 洗濯機に入れて2分脱水。
  3. 干します。
  4. 半乾きの状態でアイロンをかけます。この時布に歪みがあれば少しずつ引っ張りながら直します。

見積もり作成

お客様から見積もりのご依頼をいただくと、写真のようなお見積もりをメールで送信します。

必要な場合は、ここから何度かメールのやり取りをしてご納得いただけた上で正式にご注文となります。
見積もりはスマホからもキレイに見ることができるのでご安心くださいね。


裁断寸法図を作る

オーダーを頂くと、まず指定寸法に縫い代をプラスして裁断図を作ります。

実は水上は計算が大の苦手です。
ここで計算を間違えると、サイズが合わなくなってしまうので慎重に作業をします。


布目地を揃えて裁断

ここが一番神経を使う作業です。

もう一度、アイロンで生地を整えてから専用のカッターを使って裁断します。

生地にはよく見ると縦横に糸が走っています。
縦横の糸を90度に整えて裁断すれば、完成したグッズを洗濯をしても生地がヨレる心配はありません。


ミシンで縫製

裁断した生地や持ち手・ひもなどのパーツを縫い合わせて、入園グッズを完成させます。

りんごの木の入園グッズは、ほとんどの商品が裏地付きで丈夫に作られています。この裏地をつけることによって内側にも端ミシンやロックミシンの縫い目が出ずキレイに見えるよう工夫をしています。


検品

完成したグッズは、縫い忘れはないか?寸法は間違っていないか?発送前の最終チェックをします。
アイロンがけももう一度丁寧に行います。


写真撮影

完成したら、洗い換えなど追加で注文をいただいた時に参考にするために1オーダーずつ写真を撮ります。

入園グッズのご注文のデータは詳しいサイズの記載された園からの資料を含めて、3年間保存しています。

(3年で通常幼稚園は卒園となるので3年を基準にしています。)

 

洗い替えなどの追加オーダーの際も、アイテムと数量を連絡していただければ

大丈夫ですのでお気軽にご連絡くださいね。


梱包・発送

検品が終わったら、楽しい園生活を過ごせますように♪楽しい気持ちでお包みして発送します。

そして、ヤマト運輸さんに持ち込んでお客様に発送完了メールを送信したらすべての作業は終了です。



menu


↓20180410更新



終了しました!
たくさんのご来場誠にありがとうございました。