ごあいさつ

 

ご訪問いただき、ありがとうございます。

2019年5月より店長を引き継ぎましたクロイシと申します。

前、水上店長のチームりんごの木縫製スタッフとして数々の園グッズを製作しました。

自分の得意な事で社会とつながることが出来る!と心ときめいた、この「りんごの木」のHP。

この出会いに感謝を忘れず、ご訪問くださった皆さまが、気持ちよくご利用いただけますよう、

オーダーメイドの入園グッズ、ネットショップを運営して参ります!

 

園独自の指定グッズにも個別で対応いたします。

オーダー待ち多数の入園グッズ製作代行「りんごの木」を是非ご利用ください。

 

「入園グッズ りんごの木」の歴史

前水上店長の記載文引用

2014年11月

 
  • 水上店長、ネットショップ「入園グッズ りんごの木」をオープン。


2015年2月

 
  • ネットショップを始めたもののお客様には繋がらず、販売方法を学ぶことの重要性に気づき、大人かわいいモテ服作家「衣更月」の中尾亜由美さんの招致セミナーを名古屋でスタート。
  • セミナー受講後、委託販売やイベントを全て辞め、ネット販売のみに集中することにより徐々にお客様からの注文が入るようになる。

2016年

 
  • このホームページを見たハンドメイド作家さんからホームページの作り方を教えて欲しいと依頼を受け、5月〜11月(入園グッズの閑散期)にはホームページの作り方講座を開催。
  • お客さん目線の大切さを伝えるなど、作家さんをサポートする活動にも力を入れる。
 
  • 全国から注文をいただけるようになり、繁忙期には縫製は外注(チームりんごの木)に任せることにより、注文数も多くこなせるようになる。

2017年

 
  • 阪急百貨店 うめだ本店のカスマイズフェアに入園グッズで出展(1ヶ月)。
  • 「子育てで大切なのは時間の長さではなく、質の高い関わりができるかどうか」という考え方に救われたのをきっかけに勉強を始め、マザーズコーチングスクール(子供のためにお母さんが学ぶコミュニケーションスクール)の認定講師の資格を取得。
  • 今後は、入園グッズ製作代行、子供服、ホームページ講座の3本柱で活動の予定。

2019年

 
  • 水上店長より、入園グッズ製作代行部門を私、クロイシが引き継ぎ、現在引継ぎ作業中

店長の簡単プロフィール

  • 小学生の頃から手芸、ハンドメイド全般にトライして、特に洋裁が大好き。オリジナル、特別な一つにこだわる。
  • 憧れの職業は今でも衣装デザイナーかフォトグラファー。
  • 5年前、近所の洋裁教室で良き師匠に出会い、洋裁の腕とセンスが格段に上がった。(はずです)
  • 育児に奮闘中に縁あって受講したStep勇気づけセミナーで、育児も人間関係も大きく進展。
  • 二人の子供はもう手はかからない?(希望)でもお金がかかる年ごろです^^;
  • 子供達の急成長に感化され、自分のこれからを真剣に考える。
  • 幼稚園グッズ作りと、完成品の可愛らしさに癒され、喜びを感じる。
  • 4人ものお子さんのママ、前店長の水上さんのエネルギーと魅力、志に感動。
  • 水上さんと背中を押してくれた洋裁教室の先生に感謝しつつ、”入園グッズ りんごの木”の店長に就任

 

お気に入りの言葉:「正義と正義はぶつかるけど、優しさと優しさはぶつからない。」(恋妻家宮本の映画より)です。

今後とも、よろしくお願いいたします!

 

「リンゴの木」について

 屋号「りんごの木」について 前店長 水上里美さんより(Instagram)

旦那さんの実家の庭に、旦那さんが小学校の入学式で学校からもらってきた「姫りんごの木」が植わっています。

樹齢約30年・・・もう実をつけることはありませんが、丹羽の片隅でひっそりと私たちを見守ってくれています。

 その「姫りんごの木」のように、穏やかに子どもたちの成長を見守っていけたらいいな。

との願いを込めて「りんごの木」と付けました。

 

姫りんごの花言葉は「永久の幸せ」です。

 


「りんごの木」が紹介された本

P2〜3 ハンドメイド作家さん紹介①
P119 作品のイメージに合うブログ作り